双子の子育て

双子の妊娠の注意点

妊娠・出産は、喜びと同時に不安や心配もありますね。双子の妊娠の場合、2人の赤ちゃんをおなかの中で育てていくわけですから、通常の単胎の出産と比較して、母体にかかる負担はより大きくなります。産婦人科での診察回数も多くなりますし、大事をとって早めに管理入院を行う病院もあります。

双子の妊娠の注意点として、まず気をつけたいのが「貧血」。妊婦は赤ちゃんに血液を送らなければならないので、鉄分が吸収され貧血になりやすいのですが、双子の妊娠では単胎に比べて約2倍の貧血発生頻度です。ほうれん草やシジミなど鉄分を多く含む食品をしっかり摂取し、不足する場合は鉄剤サプリで補いましょう。

高血圧、尿タンパク、むくみ(浮腫)のうちの1つ、もしくは2つ以上の症状がでる「妊娠中毒症」は、単胎に比べ6倍以上の発生頻度となっています。妊娠中毒症になると、子宮から胎盤への血流が阻害され、酸素や栄養が送りにくくなって、赤ちゃんの発育にも影響します。普段から塩分を控え、食事の量や栄養バランスに注意しましょう。

双子の妊娠では、子宮が伸びきって緊張性が高まることで早いうちから陣痛がおこり、早産になるケースも多くなります。安静と休養が必要なので、病院によっては早めに管理入院させるところもあります。早め早めの検診が重要です。また、双子妊娠では羊水量が増えやすく、羊水量が800ml以上になる「羊水過多症」もみられることがあります。破水の原因にもなるため注意が必要です。

他にも、お腹が張りやすかったり、おなかが早く大きくなったりします。異常を感じたらおおげさだと思わずに、早めに医師に相談してください。

産後の悩みを解消できるお役立ち情報

出産後の肌荒れを何とかする 産後ダイエットで痩せる 産後の便秘を治す方法
産休をとって双子を出産し、職場復帰をする場合、赤ちゃんを保育園に預ける必要があります。エリアによっては、希望者過多で公立保育園に入園できないケースもあるので、まずは保育園探しから始める必要があります。...
女性のためのビタミンといわれる葉酸、ビタミンB群の一つで、緑黄色野菜、卵黄、レバー、豆類や果物に多く含まれる栄養素です。葉酸は、DNAの形成や細胞分裂に重要な役割をもっているため、特に妊娠期には摂取が...
高齢出産は、女性が35歳以上で子どもを産むことを指しますが、今では特別なことではなくなりました。ただし、出産のリスクは年齢に比例して高くなる上、双子の出産は負担が大きいので、出産には細心の注意が必要で...
自然分娩と帝王切開、一般的には帝王切開のほうが母体への負担が高く、大きな問題がない限りは自然分娩をすすめられますし、そちらを希望するお母さんも多いと思います。ただし、双子の出産方法としては帝王切開のほ...
通常の倍かかるイメージのある双子の出産費用ですが、実際はどうなのでしょう?病院が国立なのか、私立なのかでも違ってきますし、管理入院の有無や、出産スタイルなど入院内容でも大きく差があります。双子は早産に...
妊婦が不足すると、二分脊椎や無脳症などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高まるといわれる葉酸。アメリカでは妊娠が可能なすべての女性に、一日400μgの摂取を呼びかけています。日本でもその重要性に気づき、平...