産後の便秘を治す方法

産後の便秘を治すには

産後の悩みを解消できるお役立ち情報

出産後の肌荒れを何とかする 産後ダイエットで痩せる シングルマザーの助成金

腸は第二の脳と呼ばれるほどで、自律神経や免疫細胞や神経細胞などが集まっています。出産後は、すぐに子育てをすることになりますが、赤ちゃんの育児は非常に神経を使います。授乳をするために睡眠不足になってしまう方も多いです。そのことがストレスになって腸の働きに影響を与えて便秘になることも多いです。

産後直後の一か月程度は産褥期と呼ばれ、出産を終えた骨盤や子宮が回復していく急速に戻る時期で安静が必要になります。妊娠中は、ほとんど運動はできませんし、産後になってもその影響で運動不足になってしまうことも多いです。運動不足になると、筋肉も衰えますので腸が便を押し出す「ぜんどう運動」についても鈍くなってしまいます。激しい運動をする必要はありませんが、散歩やウォーキングなどで身体を動かすことを意識するようにしましょう。ヨガやピラティスなども効果的です。タレントの藤本美貴さんもグラヴィティヨガで産後3カ月で14kg減のダイエットに成功するなど、身体の維持回復に成功しています。

産後の子育てをしていると、すべてが子供中心に回るため、つい便意をがまんしてしまうこともあると思います。本当はトイレに行きたいのだけれど、赤ちゃんが泣き止まないとトイレにも行けません。そのようにして、便意を我慢して出したい時に出さない状態が続くと腸がその状態に適応しようとして便意が置きづらくなってしまい、便秘になることもあります。

妊娠中は、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンが多く分泌され、腸の収縮運動を抑制してしまうため、便秘になりやすいのですが、産後もその便秘をひきずってしまうことも多いです。また、出産時に肛門を開閉する重要な筋肉である肛門括約筋が傷んでしまっていると排便機能に支障が出ます。また、会陰切開の際の会陰部の損傷がひどかったり、いきみ過ぎて痔になってしまったりすると、排便すると痛みが出るため、便意をがまんし続けてしまい、便秘になることも少なくありません。肛門の回りの静脈は、うっ血しやすく、分娩時のいきみによる強い腹圧で、いぼ痔になりやすいです。また、産後に子宮が元の状態に回復しようとして腸を圧迫することで便秘になるケースもあります。

改善のために摂るべきものとしてオリゴ糖が挙げられます。オリゴ糖は腸内の善玉菌の餌となり、善玉菌を活性化させることがわかっています。オリゴ糖は自然由来のものですので安心して摂取できます。乳酸菌を多く含んだヨーグルトやイモ、豆、海藻、根菜や食物繊維を多く含んだ食事を進んで摂るようにするのがオススメです。乳酸菌やオリゴ糖以外にも便秘の際に摂取したいものとしてオリーブオイルが挙げられます。便秘で硬くなった便を排出しやすくなります。

最近は便秘薬や下剤に頼るのは良くないということが浸透してきて、薬を使う方は減ってきましたが、産後で授乳している方については絶対に避けましょう。副作用はもちろん、薬がないと排便できない下剤依存症のようになってしまうリスクも大きいです。薬に限らず身体に取り入れたものは母乳に少なからず影響してきます。薬には酸化マグネシウムやセンナ、ダイオウなどを含んでいる場合も多く、母乳から子供が摂取してしまい下痢をしてしまうこともあります。また、薬で一時的に治したとしても、繰り返してしまう場合がほとんどです。生活習慣を整えて、乳酸菌を積極的にとっていくことで自然に治していくことが大切です。

厚生労働省も「便秘の予防や治療は食生活などの生活習慣の見直しを第一に行い、薬物の安易な使用は避けましょう」と提言しています。また、日本人の便秘の約2/3は大腸の筋力が弱くなって便を出しにくい状態などの腸管機能の異常による弛緩性便秘といわれていて、規則正しい日常生活と食事と適度な運動を推奨しています。腸管の自律神経失調により起こる痙攣性便秘は過労・ストレスが原因のことが多いため、運動は避け、休養を十分とってリラックスすることが重要です。便意を我慢することで起きやすい直腸性便秘についても痙攣性便秘と同様のケアが必要です。

産後の便秘の原因の一つとして水分不足が挙げられます。便は7割から8割が水分から出来ており、水分が不足すると、便の量が減り、固いものとなり、便意に繋がらず、そして便秘という形になって表れます。したがって、便秘を改善させたいのであれば、普段よりも少し多めの水分補給が大切になります。

産後は授乳によって一日当たり1リットル程度の水分が身体から出ていきます。その量に身体のために本来の必要な量を上乗せして、一日に2リットル以上の水分補給が理想です。

水分が体の中に入ると、便の状態も良くなり、便の量が増え、柔らかいものになって、便意に繋がります。また、便秘で摂取する水分は、ミネラルウォーターや麦茶など、ミネラルが豊富に含まれているものがおすすめです。ジュースなどの糖分が多く含まれているものは、その糖分が便秘の原因にもなるので、注意しましょう。また、便秘だけでなく、ジュースはカロリーも高いため、肥満の原因にもなり兼ねません。便秘でも体重は増加しやすくなるので、少しでも体重を減らしたい人は、ミネラルウォーターや麦茶などを飲むようにしましょう。

水分不足は、便秘の大きな原因の一つとなります。そこで、こまめに水分を摂取するということが、便秘解消には大切です。また、朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲むと、便秘解消に効果があるとされています。これは、腸に水分が届きやすく、胃腸を刺激することから、便意に繋がると言われています。朝起きたら、まずコップ1杯の水を飲むように毎日習慣づけると、自然に便秘も治っていくかもしれません。上手に水分補給をして、便秘を改善させていきましょう。

ミネラルウォーターを飲む際にウォーターサーバーを利用するというのもオススメです。水道水の安全神話がくずれつつある現状で、ウォーターサーバーの会社は水の専門店だけあって安心して飲める水として品質にこだわりを持っています。とくにお子様がいる家庭では安心して飲めますし、いざというときの備蓄水としても利用できます。冷水と熱湯がワンタッチで出せますので利用用途も広がります。以下に無料お試しできるウォーターサーバーをまとめていますので参考にしてみてください

ウォーターサーバーを無料でお試し
水を定期的に宅配してくれて買い物不要。子供に安全な水を飲ませられます。

出産後の肌荒れを何とかする ホットヨガで痩せる シングルマザーの助成金